メニュー

視野が欠ける

視神経や網膜に異常があると「視野の欠け」が現れます。放置してしまうと、視力が低下して日常生活が不自由になる可能性が高いです。視神経の炎症、緑内障、加齢黄斑変性、動脈瘤破裂、網膜静脈閉塞症といった病気の可能性があり、こうした病気の中には治療しても「それ以上悪化するのを防ぐ」ことしかできない疾患もあります。さらには、脳腫瘍や脳出血、さらには全身の神経の病気の一つの症状として出ることもあります。

普段は両目で見ているため、片目の視野が欠けていても反対の目で補完してしまうため、視野の欠けがかなり大きくならないと気付かないことがあります。見えにくさを感じた段階で早めに眼科を受診しましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME