メニュー

レーザー手術

当院で行えるレーザー治療は、網膜光凝固、YAGレーザー、選択的繊維柱帯形成術の3種類があります。すべて日帰り短時間で、目薬の麻酔の後に、目にレンズをのせて治療します。傷はできませんので、眼帯は不要で治療当日も入浴も問題ありません。

網膜光凝固

網膜に孔があて網膜剥離になる危険性がある網膜裂孔、網膜の静脈が詰まった網膜静脈閉塞症、網膜動脈瘤、進行した糖尿病網膜症、加齢黄斑変性の一部、およびストレスが原因の中心性漿液性網脈絡膜症などに対して網膜光凝固を行います。レーザーが当たる瞬間に熱がおきますので、その瞬間刺激を感じます。

YAGレーザー

黄髪白内障、急性緑内障発作に対するレーザー虹彩切開術で使用します。衝撃波を出すレーザーなので、熱は感じませんが衝撃を感じます。

選択的繊維柱帯形成術

緑内障に対して行います。繊維柱帯という、目の中の水の排水溝の前にあるザルを掃除し通りをよくするために行います。当院では、マイクロパルスレーザーを使用できる機器がありますので、マイクロパルスレーザーにて行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME