メニュー

翼状片

目頭から黒目に向かって白目(結膜)が三角形に伸びる病気です。結膜の細胞が上皮間葉転換という変化を起こして増殖する良性のできものです。充血や異物感といった症状を起こすこともあります。高齢者の発症が多いです。

原因

紫外線が関わっています。農作業や海での仕事をされている方、スキー場での紫外線の反射などが原因と言われています。

治療

充血やゴロゴロと感じる場合、目薬である程度は解消できます。進行して翼状片が大きくなり、黒目の上に広がってしまうと乱視が強くなります。目薬でも症状が続く場合や視力が悪くなった場合、手術で切除します。まれですが悪性腫瘍もありますので、早めに切除して組織を調べる方が安全です。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME