メニュー

緑内障について

緑内障とは

網膜で受け取った画像は信号になって視神経を通り、脳に伝達されます。上下左右に見える範囲のことを視野と呼びますが、緑内障になると視神経が障害されます。視野が欠けて見えなくなる視野欠損や、視野が狭くなる視野狭窄といった状況となります。緑内障が悪化すると、中心まで見えない部分が広がります。 緑内障の確かな原因は明らかにされていませんが、眼圧が高く神経に負担がかかったり、血行が悪いと緑内障になりやすいです。また、近視が強い人は緑内障になりやすいです。日本における中途失明原因の第1位は長年緑内障が占めています。失われた視野を取り戻すことはできませんので、できるだけ早い段階で発見して適切な治療を続けることが重要です。

緑内障の治療

まず目薬による眼圧を下げる治療が行われます。目薬には、「房水の産生を減らす薬」と「房水の流出を促進させる薬」「神経をまもる薬」「神経の血行をよくする薬」があり、状況によっては薬を併用することもあります。目薬でうまく悪化を抑えれない場合、それ以上の治療であるレーザー手術や外科手術が必要となります。

緑内障の手術

閉塞隅角(房水の出口が狭い)で緑内障発作を招きやすい目には、予防的にレーザーによる虹彩切開術を施行します。開放隅角(房水の出口が広い)なのにもかかわらず、目薬で悪化が止まらない場合は、線維柱帯(隅角にあるスポンジ状をした房水の流出口)にレーザーをあてることで眼圧を下げます。当院は最新のマイクロパルスレーザー発生機器があり、できるだけダメージを少なく眼圧を下げれる「マイクロパルス レーザー繊維柱帯形成術」を行います。点眼麻酔での日帰りで治療でき、眼帯も不要です。レーザー当日は軽い痛みが出ることがあります。
それでも悪化が抑えれない場合、小さい創で目の中から繊維柱帯を切開して目の中の排水をよくする線維柱帯切開術や、白目(結膜)の下にバイパスを作成して水が流れるようにして眼圧の低下をはかる繊維柱帯切除術があります。当院では、手術の負担が少ない低侵襲緑内障手術を行ってます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME