メニュー

白内障について

白内障とは

目の中には、外から入ってきた光を奥の網膜にピントを合わせるためのレンズがあります。このレンズのことを水晶体と呼びます。白内障とは、眼の中の水晶体(レンズ)が様々な原因によって濁る病気です。白内障の最も多い原因は加齢で、50歳代から増え始め、70歳を超えるとほぼ全員が白内障による見え方の低下を抱えています。糖尿病やアトピー性皮膚炎があったり、ステロイドという種類の薬を飲んでいる方は若いうちに出てくることがあります。ときに生まれつき白内障がある方もいらっしゃいます。
眼科で診察を受けた際に白内障があることを伝えても、全く自覚がない方が多いのですが、これは白内障という病気が通常はとてもゆっくり進行してくるため、ジワジワと悪くなっていることに気がついていないためです。 ほとんどの場合は老化が原因ですが、アトピー、糖尿病などの全身疾患やステロイド剤を長期間使用した場合に起こることもあります。

白内障の治療

白内障の進行を遅らせる方法として、目薬が用いられます。 しかし、目薬では白内障を完治させることはできません。 症状が進行して日常生活に支障を感じる場合には、濁ってしまった水晶体の代わりに人工の眼内レンズを入れる手術を受けていただきます。

白内障の手術

白内障の手術は、手術方法や機器の進歩により、昔より安全かつ正確に行うことができるようになってきました。当院では、最近の白内障器械(Centurion Silver Alcon社製)と顕微鏡(LuxOR LX3 Alcon社製)を用いた「日帰り手術」を行なっております。通常、目薬の麻酔(局所麻酔)だけで行います。手術中は痛みを感じない方が大半です(触られているという接触感や重い感じはあります)。しかし、人によっては手術中に使用する薬剤の水圧で痛みを感じる場合もあります。その場合や痛みを感じやすい方は追加の麻酔を行います。常に患者様に声をかけながら手術をします。痛み等何かありましたら申し出ていただくことで、水圧を調整したり、適切な麻酔を追加したりすることで痛みを和らげるようにしておりますのでご安心ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME