メニュー

斜視

目の位置がずれて視線が目標物の方を向いていない状態です。多くの場合、片目は見ているものの方を向いていますが、もう片目が違う方向を向いています。乳幼児は正常な場合でも斜視に見えること(偽内斜視)がありますので、目の向きがおかしいと感じたらお気軽にご相談ください。

原因

斜視は、黒目が向く方向によって、内側を向く内斜視、外側を向く外斜視、上を向く上斜視、下を向く下斜視、角度が変わる回旋性斜視に分けられます。目の機能的な問題で起こっているケースもありますが、脳や全身疾患などの症状として斜視が起こっているケースもあります。急にものがずれて見える場合、脳や神経の病気の可能性があるので、大至急受診をしてください。

治療

視力が発達する6歳までの間に斜視があると、片方の目ではものをしっかり見ることができずに視力の発達を妨げることがありますし、両目で行う立体視ができなくなることがあります。そのため、早めの治療が重要になります。斜視の治療は特殊な眼鏡による視力矯正を中心に行って、目の位置を修正しながら両目による立体視ができるようにしていきます。特殊な眼鏡でも真っ直ぐにできない場合、手術で筋肉の位置を修正する治療が検討されます。ただ、この手術は術後に時間が経つと戻ってしまうケースがあります。視力の発達のために、そして見た目のコンプレックスを残さないために、地道にしっかり治療を続けていきましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME