メニュー

弱視

赤ちゃんは明るさがわかる程度で、「見る」ことで目も成長して視力が発達し6歳くらいになると大人と同じぐらいの視力になります。しっかり見て成長しないと、視力が発達せずに眼鏡などを使っても視力が出ない「弱視」になります。

原因

強い遠視や近視などの「屈折異常」、目が生まれつきズレている「斜視」、まぶたが下がったり白内障による「遮蔽」などがあります。

治療

成長してから治療を開始しても視力が上がりません。「見る」ことで成長する時期に、原因を早く発見・治療して目を鍛えます。近視や遠視はしっかり合わせた眼鏡を、斜視はプリズム入りの眼鏡を合わせたり、ズレがひどい場合には手術が必要です。先天的な白内障や眼瞼下垂は手術で治します。原因を治療した上で、今まで使ってなかった目を使うために良い方の目にシールを貼って訓練する遮蔽訓練を行います。10歳を超えてしまうと訓練をしても視力が良くならないことが多いです。学校の検診で異常をいわれたらすぐに受診をしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME