メニュー

マイオピン

マイオピンは子どもの近視進行を抑制するための目薬で、アトロピンという成分が入っています。以前のアトロピン点眼は目の痛み、まぶしさ、アレルギー性結膜炎発症といった副作用が起きましたが、シンガポール国立眼科センターで副作用を改善し誕生したのがこのマイオピンです。
マイオピン治療は、6~12歳で軽度から中度の近視があるケースにおすすめしています。毎晩1回の点眼なので、大きな負担やストレスなくできる点もメリットです。1本で1か月間使用できるため、受診頻度は毎月1回です。しかし、マイオピンは健康保険適用外ですから、自費診療となります。お子様の近視で興味がある方は、ぜひご相談ください。

ただ、あくまでも「近視の進行を抑える」目薬であり、近視が治るわけではありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME