メニュー

まぶたの手術

眼瞼下垂

眼瞼下垂については、手術以外では治りません。まぶたの皮膚への麻酔で日帰り手術をしています。まぶたの皮膚を切除する方法、まぶたの筋肉(眼瞼挙筋やミュラー筋)を強くする方法があり、手術時間はだいたい30分ぐらいです。両目の方も、片目ずつ手術を行います。まぶたの具合によって手術方法が変わります。

逆まつげ(眼瞼内反症)

眼瞼内反症については、逆さまつ毛が少ない場合は外来で抜いて様子見することもあります。また、ビューラー等で外にまつ毛を向ける方法もあります。逆まつげの本数が多い場合、症状が強い場合は手術が必要となります。この手術も、まぶたの皮膚麻酔で日帰り手術をします。まぶたの皮膚を切除してまぶたの筋肉を強くします。手術時間はだいたい20分ぐらいです。

眼瞼外反症

眼瞼外反症は、まぶたが外向きになって常時「あっかんべー」になっている状態です。火傷や怪我のひきつれ、眼球側の癒着など様々な原因があります。治療には手術が必要です。ひきつれを解除するために切開をしたり、まぶたの内側から引っ張る方法、さらには耳の後ろから皮膚を採取して移植する方法など色々あります。原因やまぶたの具合によって手術方法が変わります。手術時間は30分から45分程度です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME